大阪での二重整形手術の方法の一つである埋没法のメリット

二重整形をするときには

大阪では二重整形することはそこまで難しくなくなってます。技術としては既に確立されているといっても過言ではない状態になっていますから、これは基本的には安心できますし、効果は意外とはっきりと期待できます。しかし、やり方はいくつもありますから、どうするのかをよく考えることです。
もちろん、大阪で施術する場合、医者もキチンと相談に乗ってくれることになりますが、最終的に決めるのは自分になりますから、これはかなりの決断力が必要になってくることです。
糸を入れるタイプとそうではなく切ってしまって、それで二重整形をするタイプがあります。どちらにもメリットがあるのですがそこまで強く出るようになことはしたくない、というのであれば糸を入れるタイプ、これを埋没法というのですが、そちらのほうがお勧めできることになります。
埋没法の二重整形の良いところはそこまで傷が目立つことがない、ということです。まったくないわけではありませんからその点は覚悟しておいたほうがよいでしょうがそれでも効果としては切開するタイプの方がよい、ということもあります。このあたりをどうするのか、はっきりと決めるのはかなり難しいことになります。しかし、自分の瞼のことなのですから、よく考えてから大阪で美容整形クリニックを探しましょう。

二重整形を決意して後悔していない今日

私が目の二重整形に興味を持ち始めたのは大阪にいたときの大学に入ってからでした。今まではアイプチが一番の手段だと思っていましたが広告で美容整形の記事を見てからずっと気になっていたので意を決して相談メールを大阪の某クリニックにしてみました。失敗とか痛みとかの不安はありましたが二重になりたいという願望の方が勝ちました。私は大阪ですが、クリニック選びは口コミと今までの二重整形手術の写真を見て決めました。
カウンセリングの時に二重整形のどんな手術をしたいか聞かれ、私は気に入らなくても修正ができる埋没方にしました。まぶたはわりかし厚めだったので一点止めだと取れてしまうと言われ四点止めをしました。費用は10万近くでしたがそのために溜めていたお金があったのでそれから払いました。
周りにはばれたくなかったので転職時期にかぶせて予約をとりました。まぶたが厚い人は腫れやすいみたいなので周りの目が気になる方は一週間くらいのダウンタイムはあったほうがいいかと思います。
私自身も一週間くらいは浮腫んだかんじになり違和感がありました。また馴染むまでは一ヶ月から三ヶ月くらいかかりました。最初の一週間、二週間くらいで腫れが引かず二重の幅が広いままで不安で抜糸したくなる人が結構いるみたいですがそこは耐久勝負だと思います。
辛抱強く馴染むまで待てば素敵な目元になると思います。ですが糸がきつかったり痛みがずっと出たりする場合はクリニックで見てもらうことをお勧めします。

初めての二重瞼

私はずっと一重瞼がコンプレックスでした。大阪の高校を卒業した時期に、中学生の頃から仲良くしていた友人が二重整形をしたという話を聞きました。目の裏側に麻酔をするのがとても痛いと聞き怖くなり、私はいつものようにメザイクを使って二重にすればいいかなと、一度は思ったのですが、たまたまネットで大阪の二重整形について調べていると切開法では、通常30万円程で出来るところが半額の15万円で出来るというサイトを目にしました。
二重整形には埋没法と切開法があるのですが、切開法であれば一生、二重のままだということも書いてあったので、私は悩みましたが、思い切って二重手術をすることにしました。まずはクリニックへ手術の予約の電話をし、予約の日ドキドキしながら大阪の某クリニックへ向かいました。瞼の裏に麻酔というのがとても恐怖でした。実際に手術の時間になり自分が呼ばれ、説明を受けてから、いざ麻酔へ。
友人もとても痛かったと言っていましたが、実際にやってみて、本当にとても痛かったです。もう二度とやりたくないと心の底から思いました。そして手術が無事に終わりました。手術自体は30分程だったと思います。手術後、1週間程は目が腫れていて化粧はできません。腫れがひいてくるとしっかりと二重瞼になっていて、手術から2年経った今でも二重瞼を維持できています。


二重整形大阪コムロ美容外科クリニックにまかせましょう!きれいになりたい女性は必見の二重の整形外科です!

INFORMATION

二重にしたい人は美容整形を

目に対して不満を持っている人は多いです。つまりは、目の大きさなりが気に入らないので直したいと考えているわけです。そして、もうひとつ圧倒的に需要があるのが二重です。一重なので二重にしたい、という人はとても多くいます。既に美容整形として需要がある以上、技術的にも確立されていますから、実のところ、そ…

More

人生二度目の埋没方で学んだこと

今回私は2回目の目の埋没方をしました。理由としては最初に埋没方をしたのが11年前ほどで二重なラインが最近定着せず奥二重に戻りそうだったからです。そこでインターネットで口コミなど見ていると埋没をしたさいにまぶたにできるポチっとした縫い目部分が出ず埋没をしたことがまったくわからない二重を作ることができると…

More

NEW ARTICLE

PICK UP

父若返る

以前父は、「まぶたが下がって視界が狭くなった」と悩んでいる時期がありました。眼科に見てもらったところ、老化が原因で起きる眼瞼下垂と診断されたらしく、手術をすることに。父はもともと奥二重で垂れ目だった為、視覚的にはただ老けたようにしか見えず、整形なのでは?と母と疑っていました。日帰り手術も可能だ…

More

二重瞼について

男性にとっては無縁なものかもしれませんが、瞼を二重にしたいと思う女性は多いはずです。一重瞼若しくは奥二重の女性は早ければ、小学生の頃より、アイプチ等の道具を用いて簡易的に二重瞼を作りだす時間と手間を掛けた努力をしています。就職して自分でお金を稼げるようになるまでは、道具に頼ることになるでしょう。…

More